敵視スキル考察

割りと真面目にたまには考察もしてみよう

タイトル通り敵視スキルについての考察
話題に上げるのは
特性:敵視増加
技:挑発/大挑発

MMOをやっていて常々思うことはタンク職は敵視TOPなら過剰に敵視稼ぎをする必要がなく攻撃力を高めた方がいいということ
スキルスロット制であるかくりよの門で具体的に言うと敵視増加と挑発系スキルに枠を割く必要があるのかということ

検証条件
ハバキリ→敵視増加無、挑発系スキル無(四竜、三竜、護り、癒)
くらかけみや→○○裂傷3種
かぶきりひめ→閃矢、属性矢2種
鈴鹿御前→雷槌撃、天誅、瞬歩、狂化
主→空気

上記の構成でとりあえず開幕から強いスキルを適当にぶっぱしていく
お相手はもちろん封印されし龍

まず1ターン目は先行する仲間からドンドンターゲットされるが四竜を撃った時点でターゲットははばきりのものになる
そして鈴鹿が雷ぶっぱすると鈴鹿にタゲが移る
この時点でお相手が富士や舶来レアだと鈴鹿が死ぬ可能性が高い
よって初ターンから鈴鹿ぶっぱはNG
最初から鈴鹿もぶっぱしたいというならば敵視増加+大挑発は必須レベルになってくる
(タンクのスキル見ないで初手から雷ぶっぱする鈴鹿とか地雷以外の何者でもないからいないとは思うけど)
んでそのまま各自リキャスト戻ってくる毎にドンドンスキル撃っていくとする
そうすると2ターン目までは行動速度の関係上ブレることはあっても敵の行動までにははばきりがきっちりターゲットされている
その後は鈴鹿が暴れないならターゲットが移ることがまったくなかった
雷で鈴鹿に移ったとしてもスキルリキャストの関係上四竜か三竜ですぐに取り返せる
つまるところ敵視増加無しで四竜と三竜を撃ってたらギリギリのところでヘイトは維持できているということ
実際上級亜種募集や舶来で試してみたところヘイトがブレることなくハバキリは四竜三竜を撃ち続けられた
その時に使用していたスキルは四竜、三竜、護り、癒
これって敵視を過剰に取るような構成はダメージ効率面でよろしくないですね、ということになった
ただし火力陣がボーナスや熟練度カンストして付呪も攻撃特化だと危ないと思う
そんな廃スペックの場合はおそらく身内構成なのでその時は敵視増加くらいは入れていいかもしれない
実際のところは斧でもなければ適宜デバフやヒールもするので割りと余裕がある
んで次は大挑発IN三竜OUTでやってみると初手大挑発から鈴鹿ぶっぱだろうと安定して維持ができた
あれ、敵視増加いらなくね?
また、封印龍だと全体1ダメしかやってこないので殴られヘイト減がない
このため野良で検証もしていたのだが野良の場合は敵視増加も挑発もまったく必要なかった

余談だけど野良検証中に他のタンクキャラから大挑発!敵視取り!挑発!四竜!とかされたパターンが何回かあったんだがそんなにタンクしたいか?
敵視増加入れてない分taunt系スキル使われるとそら流れるよね
ってことでタゲのキャッチボールになった場合「ああなにがなんでもタンクやりたいんやなこの人」と思ってさっさと下がってあとは任せてます

話を戻すと、スキルスロットの関係上少しでも死にスキル、不要スキルの枠を削りたい
このギリギリヘイト維持できるよという構成であればその分はばきりが攻撃に参加したり自己リジェネやらも使えるよね
タンクはタンクだけしとけ!ってのはどう考えても非効率的なのでできることならギリギリ維持を狙って空いた枠に物理攻撃の特性とか入れましょう

ただし富士や舶来レアや四神は怖いので
特性:物防、属防、敵視
技:大挑発、護り、内功、あとなんか便利系
とかのセッティングが無難
正直適当でいい舶来まではどんなセッティングでもいいよという分かりきった結論に達しただけだった

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

飲んだくれ

Cicelo

Author:Cicelo



TweetsWind

カウンター
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
TopNTagCloud

月別アーカイブ