【店】ルイーダの酒場へ【行ってきた】

国民的RPGとして知られる【ドラゴンクエスト】
日本人にRPGと言えば?と聞くとDから始まるものかFから始まるものの2強になるであろう。
俺はメガテンって即答するけどね。
で、その【ドラゴンクエスト】と【パセラ】がコラボしたお店が、
東京は六本木にある『LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)』である。

パセラはいろんなコンセプトでこういったカフェやらバーをオープンさせていますねぇ。
いずれもこういったコンセプト系は3ヶ月~1年くらいで開かれているんですけど、
この『ルイーダの酒場』は期間なしのオープンとなっています。
とりあえず1年やって人気が続けばレベルアップしつつ続けていくらしいです。

今回はその『ルイーダの酒場』に行ってきました。

まず、ルイーダの酒場とはなんぞや?
という人のために・・・

---ルイーダの酒場は、「旅人が冒険の仲間を求めて集まる出会いの場」である---

店単位で合コンが開かれているという感じでしょうかね。
DQ3では勇者が王様からお小遣いと初期装備をもらった次に立ち寄る場所です。
ここで世界平和の駒としてこき使うにふさわしい仲間を見繕っていくんですね。
俺は最初「あ」「ああ」「あああ」とかてきとーな名前の仲間を登録して「布の服」をはぎとっては削除してを繰り返して、
汗臭いであろう「布の服」を売り払って、アリアハン(最初の街)で買える最強装備を揃えてからやっとスライムに立ち向かうとか頭の悪いことをやったりしてました。
2周目プレイとかそんなもん。
まあ大体が戦士or武道家、僧侶、魔法使いでしょうね。
僧侶、遊び人、遊び人とかもアリでしょう。
で、そんな仲間を集める場所がルイーダの酒場である。
ただしリアルルイーダの酒場では最初っからパーティ組んで入店しますからね、新しい出会いだとか求めるならそれ相応の場所へ行けと。

※入店方法
毎朝11時に現地で1日分の予約を取っています。
行った時は13時~の部を予約しましたもといしていただきましただって仕事だったからしょうがないじゃないか。
開店から半年は経つというのに未だに人気が衰えていないのでフラっと立ち寄るっていうのはちょっと難しいです。ていうか多分無理です。
そんなドラクエバーことルイーダの酒場をいちゲームファン・ドラクエファンとして紹介していこうかと思います。

まず、カウンターと立ち飲み用のテーブルが設置されている店内にはテーブル席がありません。
店のカラーはブラウン系でシックに統一されています。
内装

壁やカウンターの下にはドラクエグッズやインテリアなんかも設置されていますね。
王者の剣

あとBGMとしてこれまたドラクエ関係のBGMが店内に流れています。
そしてディスプレイにはドラクエ関係のPVが映し出されていました。Wi-Fi環境も完備しているのですれ違い通信やダウンロードなんかもできるっぽいですね。

入店して冒険者達がそれぞれ席に着いたらルイーダの酒場でのルールが説明されます。
ここでルイーダさんが登場するわけなんですが、残念ながらルイーダさんは冒険に出かけていてお休みでした。
しかし代わりにルイーダさんのお弟子さん達がきちんともてなしてくれます。(という設定です)
色々人が入れ替わったりしているわけですが、衣装を着て接客してくれる方は声優さん志望やら劇団員とかの人っぽいです。
ていうか素直に言うと可愛いです。
ナリータさんの雰囲気がとても良かった。
そんなナリータさんが説明してくれたわけですが、一つ紹介。
「レベルが20に達していない冒険者さんはアルコールは禁止です。
もしもまだレベル20になっていないのに、アルコールを摂っていることがバレたら・・・
みなさんも店もゲームオーバーとなってしまいますぅ。」
だってよ。ガキ共は呑むなよ。


さて、メニューですが、
お酒やフードはドラクエに登場するモンスターやら呪文やらの名前が冠されたものばかりです。
メニュー

代表的な人気メニューが「スライム肉まん」
ドラクエで最初に戦うことになるのは大抵コイツなのでまずはきっちりとやっつけてみましょう。

スライムがあらわれた。
戦う前から目が死んでいる。
スライム

かいしんのいちげき。
改心の一撃

スライムの中身は肉と野菜だった!
味的な部分でいうと別においしくはないです。
まずいわけではないですけど肉まんにとっては外せない肉汁の類がまったくないのと、ふっくら感がないです。

他のメニューとしては、
・不思議な木の実盛り合わせ(ナッツ3種選択)
・ギガンテスの棍棒(肉)
・ロトの紋章クッキー(普通のクッキー)
・ドラゴンテールのスープ(牛テールのスープ)
・ミミック舌のスモーク仕立て(スモークタン)
等など色々とあります。
その中でもめっちゃ気になったが、
「ハッサン&ライアンのにぎりめし」
なんというものがグランドメニューになっているのかこわいこわい。
なんかもうデフォで呪いがかかってそうな品じゃないですか・・・
ハッサンとライアンが脇の下でおにぎりをギュギュッっとしてるのを想像してしまって頼むことができませんでした。

ドリンクとしては、
・パッションメラゾーマ(ウォッカ+パッソア+クランベリー+ライム)
・パルプンテウォッカ(レッドブル+ブラヴォド+レモン)
・ヒャドクール(ジン+グリーンアップル+ブルーキュラソー+アップルJ)
・パニックイオナズン(ウォッカ+アプリコットB+レモンJ+ジンジャーエール)
などなど。
パルプンテは名前負けしてる感じの味でした、普通のカクテルだった。
ノンアルコールだと、
ベホマッチャ(抹茶オレ)
キアリー茶(黒ウーロン茶)
エルフののみぐすり(かりん+ゆず+コエンザイムQ10)
とかとかあります。
お水を頼むときのコールが
「アモール2つお願い」
細かいところにもドラクエネタが仕込まれてて感心した。

ものを持ち歩くのがめんどうだったからといってカメラを持っていかなかったのは失敗だった。

まあなんというかナリータさんがとっても可愛かったよ!
「○○があらわれたぁ♪」
ってなんかふわふわしながら接客してくれますから素敵ですね。

しかし楽しい時間も現実という名のお店の都合で終わってしまう・・・
時間制で○○時~○○時っていうのを総入れ替えして繰り返しているシステムです。
六本木のバーにしてはリーズナブルですが、75分しか滞在できないのがネックですね。
まあ立ち飲みだっていうのとそんな長居して喋りたいなら別にルイーダじゃなくてもいいので妥当だとは思います。
リピータ特典としては小さなメダル(スタンプ)を集めて大きなメダルと交換→大きなメダル1~4枚でスペシャルメニューがもらえる!?
みたいな感じです。
普通は大体2000円~2500円程度の単価になると思うのでちょっとしたネタとして足を運んでみるのもいいかもしれませんね。


ちなみに秋葉原にもルイーダの酒場があります。
こちらは六本木のように涼しいとかドリンクがあるとかそんなことは、
一 切 あ り ま せ ん。
すれ違い通信を楽しむためのコーナーとしてヨドバシAkibaの「店外」に設置されています。
平日の真っ昼間から、20~30代の男性ばかりが、黙々と立ちっぱなしでDSいじいじしています。
元々はヨドバシカメラの6階ゲーム売場にあるDSステーションを拡張して移動させたものらしいです。
6階ゲーム売場にドラクエ9のすれ違い通信ユーザーが集まりすぎて、
その近辺が危険な状態かつ異空間化してしまうことは想像に難くないですね。
おまえら販売の邪魔だから外でやれやと路上に移動させた感じですね。
サンマルクカフェの窓際からなら通信が届くらしいので、涼しい場所でコーヒーを飲みながら通信してるスタイリッシュな人もいます。

そんなわけでルイーダの酒場に行くときは秋葉原の地獄ではなくて六本木のほうにしておきましょう。

なんで六本木に作ったの?
っていうのは、
ドラゴンクエストは30代以上の方や女性の方にも人気のあるゲームです。今回はそうした方々も気軽に立ち寄れるようにというコンセプトで六本木を選びました。
ということでギロッポンなんですってよ。
そういえば俺も社会人になっちゃってるもんなぁ・・・
ファン同士の交流を深めるっていう方向にも伸ばせばより賑わいそうですね。
まあ俺はDSのドラクエなんて持ってないけどな!

あと今は夏季限定でキングスライム型うちわが入店者全員に配られています。
こういった小物系目当てにオールシーズン足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

というわけでルイーダの酒場に行ってきました。

本来はネタ系の店じゃなくて写真バーとかマリオバーとかマスターがお気に入りのニコニコ動画を客に見せてくるバーとかそういうところばっか行ってます。
次はどこに行こうかねぇ・・・
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - るい - 2010年08月14日 05:30:56

え?次は執事喫茶ってもう決めたじゃない(´ΦωΦ`)

トラックバック

URL :

飲んだくれ

Cicelo

Author:Cicelo



TweetsWind

カウンター
リンク
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
最新記事
ブロとも申請フォーム
TopNTagCloud

月別アーカイブ